FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インディヴィジュアル・プロジェクション/阿部 和重 



推理小説だと思って読んだらB級作品です。本作の主題はそこにはありません。

作品の形式が「日記体(=即ち、一人称の物語であるということ。)」で書かれていることを常に意識して読んでください。

最後の2ページでやっと意味が分かります。

自意識と自己の乖離の問題(自分が他人で他人が自分?)を着地させる舞台装置として作者が「渋谷」を選んだ理由は僕には分かりません。

それは本作が時代性を帯びすぎでいるから。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑良かったら


↑ぽちっと

人気ブログランキングへ←押してみてね




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pianoconcerto0110.blog114.fc2.com/tb.php/29-b78090f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。